SSブログ
前の10件 | -

サロン・デュ・ショコラ 2011 <Arnaud Larher アルノー・ラエール > [チョコレート]

2/4 購入。


CA3F1301.jpg


CA3F1308.jpg

4個入りのアソートをセレクト。


CA3F00790001.jpg

フランボワーズのガナッシュ。
フルーティな香りと酸味があり、これが1番好みでした。



CA3F00770001.jpg

ヘーゼルナッツのプラリネ。
風味も舌触りも濃厚でミルキー。



CA3F0076.jpg

ブラックチョコのガナッシュ。
酸味があるタイプ。カカオの風味はしっかりだけれど重すぎずマイルド。



CA3F00780001.jpg

ブラックガナッシュとパートダマンドの2層構造。
ほろ苦くすっと溶けるガナッシュと対極でねっとりと甘いダマンド。
口の中で順を追って溶けてゆく食感がいいですね。




サロン・デュ・ショコラ 2011 <Franck Kestener フランク・ケストナー >① [チョコレート]

2/4 購入。

CA3F1323.jpg


CA3F1324.jpg

去年購入した塩キャラメルとサブレをダークチョコで包んだタブレット。
それが素晴らしく美味しくてすっかりケストナー氏のファンになりました。
サブレそのものがストライクに好みだったので、今年はボンボンの他にこちらも購入。



CA3F0072.jpg

粗糖とフルール・ド・セルを使用して固めに焼き上げたサブレの片面をチョコでコーティング。
ノアールとオ・レ2種類の味を楽しめます。

ザクっとした食感のサブレは香ばしく、時折感じるフルール・ド・セルの粒が甘さを引き締めてくれます。
勿論チョコレートも素晴らしい美味しさ。素朴な外見からは想像出来ない完成度です。

インパクトがあってメリハリの利いた味は予想通りにとても好みなタイプ。
こういうサブレをいつでも常備出来たら幸せだろうなあ…

*一緒に購入したコフレ・ジャポンの感想は後日にアップします。


Patisserie cafe Gadette ni vu ni CONNU [カフェ]

CA3F0036.jpg

2/20
Mちゃんと「洋菓子店コアンドル」を観にフォーラムへ。
昼過ぎの回を観るはずが色々あって夕方の回に変更。
上映まで時間が余ってしまったので、近くのカデットへ。

お腹が空いたMちゃんは塩豚と豆のタルト(キッシュ)とサラダのセットにバゲットをプラス。
ひと口分けてもらったらチーズもたっぷりで美味しかった。

私は前日から決めてました!ダコワーズです。
さっくりもっちりのダコワーズ生地にほろ苦いキャラメルクリームとアプリコットジャムをサンドしたもの。
カデットのお菓子はほんとに何を食べてもハズレがありません。

飲み物はふたりともアイスカフェオレ。この日も暖かかったなあ…

帰りにはカヌレをテイクアウト。
タルトシュクレも欲しかったけど我慢しましたよー。




タグ:カフェ

ベーグルU [パン]

2/24
この日は病院へ。
富沢駅に降り立ってから最初に向かったのは…

そう富沢と言えば、ベーグルU
まだお昼前だったので種類もたくさん並んでいました。

買い込んだベーグルを大きな肩掛けバッグに詰めて病院へ。
診察が終わった後は、お茶を買って公園のベンチでお昼です。


CA3F00450001.jpg

渋皮マロンクリームチーズ

ベーグルも焼き立てだからもっちもち。
マロンの甘さとクリームチーズの酸味がよく合います。


続きを読む


タグ:ベーグル

チョッコラーダ・カルダ [作ったお菓子]

2/11


CA3F00060001.jpg

こちらのブログで知ってからずうっと気になっていたものがあります。
イタリアのチョコレートドリンク「チョッコラーダ・カルダ」
簡単なレシピが載っていたので数年越しの想いを叶えるべく作ってみました。

チョコレート・ココアパウダー・米粉(本来はスターチ)・牛乳だけで意外とすぐに作れます。
とろみのついた食感が面白い。
飲むというよりスプーンですくって食べる感じです。
甘さも控え目で口当たりがとにかく滑らか!マグやボウル一杯食べれてしまう危険な美味しさです。



CA3F00070001.jpg

こちらは残りを一晩おいたもの。
ゼラチンとも違う、プリンとも違う、滑らかですぐに溶けてゆく食感がやっぱり独特。
温かくても冷えてもどちらも美味しい~。

うまく説明出来ていませんが、周りの人達にも知ってほしい!と思う位に私は美味しかった。
自分でもまた作りたいし、もしも出してくれるお店を見つけたら頼んでしまうだろうな。








サロン・デュ・ショコラ 2011 <Christine Ferber クリスチーヌ・フェルベール> [チョコレート]

2/4購入


CA3F1298.jpg

ショコラ・エピス・ド・アルザス

アラベスク模様の箱は確か4種類あり悩んだのですが、パンデピスに使用しているというスパイスミックス「エピス」風味の入ったこちらをチョイス。


CA3F1322.jpg

CA3F1321.jpg

それぞれの味について丁寧な説明があるのは嬉しいですね。


CA3F0025.jpg

CA3F0029.jpg

バニラ
ベースのガナッシュは微かに酸味があります。



CA3F0023.jpg

CA3F0030.jpg

シナモン
こちらもバニラ同様に微かに酸味のあるガナッシュ。おそらく使っているカカオの特徴なのでは。


CA3F0026.jpg

CA3F0031.jpg

カルダモン
これのみ、ベースがミルクチョコベースのガナッシュ(他3つはビターでした)。
丸い甘さの後にカルダモンの香りが残ります。



CA3F0018.jpg

CA3F0032.jpg

エピス
予想よりもエピスは仄かに感じる程度。
もう少し入っている方が個人的には好きかな?


全体的にフレーバーは抑えてある印象。
ガナッシュも優しい味に仕上げてあるので、比較的誰にでもお薦め出来るショコラ。
個人的にはもう少しがつーんとインパクトがあってもいいかな?

とか書きつつも美味しいことに変わりないんですけどね。






サロン・デュ・ショコラ 2011 <Fabrice Gillotte ファブリス・ジロット> [チョコレート]

1月下旬に購入。


CA3F1302.jpg

去年ショコラ・バーで食べたジロット氏のボンボンが美味しかったので。
どれを購入するか迷ったのですが、ベーシックなアソートを。


CA3F1307.jpg

味の種類は分らないので、以下個人的な感想です。



CA3F1343.jpg

CA3F1352.jpg

柑橘系(檸檬??)のジュレとガナッシュの2層構造。
美味しい!これが1番気に入りました。
この薄さがジュレを味わうのにいい形なのかも。
同様の構成で4種の果実のジュレが楽しめるという「クルールドブルゴーニュ」も買えば良かったと後悔…



CA3F1345.jpg

CA3F1353.jpg

フランボワーズ?のガナッシュ。



CA3F1349.jpg

CA3F00020001.jpg

ゴマとフィヤンティーヌ入りプラリネ+ビターなガナッシュの2層構造。
ゴマの香ばしさとシャリシャリした食感がいいですね。なんとなく和風な印象。



CA3F1346.jpg

CA3F00030001.jpg

酸味のあるビターガナッシュ。
香りの正体が知っているようで思い浮かばない…
記憶の中では松の実の蜂蜜に近い香り。ということはナッツ系?




CA3F1346.jpg

CA3F00040002.jpg

ミルクチョコガナッシュ。
ツンとくるスパイシーな香り。どのスパイスだろう…クローブ?コリアンダー?



CA3F13510001.jpg

CA3F00050002.jpg

フランボワーズのゼリーをジャンドウーヤで挟んだものをビターチョコでコーティング。
上にバターヌガティンヌ。
ナッツ+バターの風味で全体的に濃厚で甘みも強め。
それを酸味のあるフランボワーズのゼリーがうまくまとめている印象。


繊細な作りで、どれを食べてもしっかり風味が違うのが分かります。
ビターなチョコにありがちな最後に残る雑味?えぐみ?みたいなものが全くなくて後味がすっきり。
一言でいうなら好きな味!

ジロット氏のショコラは来年も購入すると思います。






サロン・デュ・ショコラ 2011 [チョコレート]

CA3F1282.jpg

今年の戦利品でチョコタワーを作ってみた。
意外と高くて嬉しいやら後ろめたいやら。
友人達に「半年分のチョコを買ってくる!」と冗談を言ったつもりが現実になってる…?

自らの言霊に捕まり有言実行してしまったということですね。
あなおそろしや…


CA3F12800001.jpg

左の1番奥に見えるのは、S-styleの特典でもらったサブレです。
実はこの写真を撮った後にもうひとつ買い足してしまいました。


食べた順に、飽きない範囲で健忘録を更新予定。




スターバックス・コーヒー [チェーン店]

2/16

帰りに仙台駅前のジュピターに寄って置いてあるヴァローナチョコをチェック。
最近は美味しいチョコが手軽に買えるようになったと思うけど、それでも店頭で材料として求めるにはまだまだ状況がよくない。
仙台ではネットショッピングに頼る方がまだいいのかもしれません。


CA3F1334.jpg


帰りにバス待ちしながら駅構内のスタバで休憩。
スターバックス・ラテに無料のキャラメルソースをプラス。
この時ラテを作ってくれた店員さんがほんわかとした素敵な女性で癒されました。名前見ておけばよかったかな?

お腹は空いてなかったけど、季節商品チェックを兼ねてチョコレートローフケーキを。
くるみとドライフィグが入ったチョコパウンドケーキ。
表面をコーティングした柔らかいチョコレートクリームが植物性の味がして好みではなく残念…

それというのも、職場へ持って行くバレンタインのチョコ菓子を週末にあれこれ作っていたのですが。
当然のようにバターや米粉を贅沢に使って自分好みの味を作り、その味見で肥えた舌は苦手な食材に厳しかったのでしょうね。

最近、食事もお菓子も身体が求めるものでないと自然に要らないと思えるようになりました。
胃袋のキャパシティも限られてきていますしね…(笑



cafe tant pour tant  タンプルタン [カフェ]

2/5

Mちゃんと別れた後に、1年近く会っていなかった友人と待ち合わせ。
偶然にもイニシャルが同じMなので、分かるように以後mで。

しっかり食べるのにナイスバディなmは高校の同級生。
偶然にも前日のサロン・デュ・ショコラ会場でばったりと会い、早速お茶することになったのでした。

向かったのはタンプルタン。
最近カフェに行けなかった私の提案です。


CA3F1288.jpg

ルビー
…だったかな?

季節のパフェはラムレーズンであまりそそられず…
冬になってから頭の片隅で焦がれていたタンプルタン定番のチョコレートのパフェを。

ここは自家製のアイスが美味しいのです。
ビターで濃厚なチョコとさっぱりフランボワーズの2種類も味わえるんですよ。
緩めの生クリームと下には砕かれたざくざくのクッキーも。
フランボワーズジャムを挟んだココアマカロンが2個乗っています。
このヴィジュアルを見てときめかない女子はいるのかしら?少なくとも周りにはいないのでは。

飲み物はフルーツをブレンドしたフレーバーティーをアイスで。

熱く語るmの近況を聞きながら、気付けば綺麗に完食。

私にしてはさすがに食べ過ぎ。
お腹は苦しかったけど、心身共にエネルギーチャージした一日でした。





前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます